効率的な保湿のしかたとは?

シワができにくい肌を作り上げていくには「保湿」が重要です。
保湿と言えば、化粧水をつけ、美容液やクリームで水分が逃げないように、蓋をしてあげることが主流ですが、そもそも保湿をするということはどういうことなのかを理解するとさらに効率的に保湿をすることができるようになります。
肌の潤いは角質層によって守られており、外部からの水分の侵入を防ぎます。
さらに、内部の水分が蒸発しないよう防ぐ役割も行っています。
肌にはバリア機能があるため、肌の中に余分なものが入らない構造ができているのです。
しかし、このバリア機能が失われると敏感肌になってしまう原因となります。
肌に水分を保持することで保湿をされるわけですが、その仕組みは皮脂に影響があります。
皮脂の他に天然保湿因子や角質細胞間脂質と言われる物質が肌の水分を保持しています。
この3つのバランスが崩れてしまうだけで水分が減少してしまうため、肌が乾燥してしまいシワができやすい原因になってしまいます。
また、肌が乾燥してしまう原因として、強い刺激を与えたりしてしまうと、角質細胞間皮質達が崩れてしまうので、肌が乾燥します。
肌がつっぱってしまうと感じるようになったら、ほぼ乾燥肌になっていると考えてもらって大丈夫です。
乾燥肌の対策としてセラミドが必要なことを聞いたことがあるかもしれません。
セラミドとは、角質層にあり、細胞のバリア機能を持っている、細胞間脂質の一つです。
細胞間脂質のほとんどはセラミドでできているので、セラミドはスキンケア商品によく使われております。
セラミドが多ければ多いほど、肌のバリア機能を高めることができるため、セラミドを補給することが大切です。
セラミドを補給するための方法として、セラミドを多く含む化粧品を利用することが大切です。

またセラミドにも種類があるので、自分の肌にあった化粧品を選ぶことが大切になります。
セラミド1はバリア機能を高めてくれます。
セラミド2は保湿機能をサポートしてくれます。
セラミド3はシワを軽減してくれる働きがあります。
年を取るごとにセラミドはどんどん減っていきますので、化粧品以外にも補給できるものがあれば利用をしていきたいです。
また、セラミドが作られるためにはターンオーバーが重要となります。
ターンオーバーはいわゆる皮膚が生まれ変わることのことを指します。
その際にセラミドが精製されますので、ターンオーバーに異常があるとセラミドが効率よく生成されません。

 

メイクしてる女性